日本での看護師の年収は平均すると、437

日本での看護師の年収は平均すると、437万円くらいです。
ですが、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員勤務であるため、年収は平均して593万円くらいになるのです。公務員看護師は給料が上がる率も民間の病院より高く、福利厚生も充実しているのです。
準看護師の場合だと、看護師より、平均年収が70万円ほど低いです。看護士の場合、求人はいっぱいありますが、希望に沿う条件での求人があるとは言えません。看護師資格の保有者で就職できればいいと思っている方は多くないでしょう。できれば給料が高額で、職場環境が良く、夜勤がない場所で働きたいとほとんどの方が思っています。 理想的な転職先で働くためには、情報収集が重要です。看護師の場合、勤務の形態が他の職業に比べて特殊であり、就職先によっても違ってきます。 仕事場においては一般的に、2交代制とか3交代制のシフトで勤務が組まれているというケースが多いでしょう。

2交代制が3割、3交代制が7割となっていて、かなり3交代制の病院が多いですね。

ですが、2交代制の方が休みが取れるため、2交代制を望む看護師も多いです。看護師のためだけにある転職サイトの中には、お祝い金を受け取れるサイトがあります。転職してお金を受け取れるなんてラッキーですよね。けれども、祝い金を出してもらうためには条件がないことは少ないので、申し込みの前に確認をしておくようにした方が吉です。

そして、祝い金のないサイトの方がその他のサービスが充実している場合もあります。
看護師で、育児を優先させるために転職する人もかなりいます。看護師の場合、特に育児と仕事を両立させることが大変なので、夕方までの時間帯のみ働けたり、仕事をする日が多くない仕事だったりが良いですよね。

子育ての期間だけ看護師を休業するという人もたくさんいますが、育児をするにはお金がなくてはならないので、資格が活用できる転職先を探すことを勧めます。